様々な脱毛の種類について

ロゴ
トップページ
<自分に合った脱毛方法>
近年では、性別を問わず脱毛を望む人々が増えてきています。日々、自分自身で処理するという方法もありますが、その日々のわずらわしさから解放されたいと願っている人は多いはずです。現在ではそういった場合に、医療機関、エステサロンにおいて安全な脱毛を行うことが出来ます。では、医療機関やエステサロンで行われている脱毛には、どういったものがあるのでしょう。まず、ニードル脱毛、電気脱毛という方法があります。これは、医療機関、エステサロンの両方で行われます。昔からある方法で、毛穴のひとつひとつに差し込んだ細い針に微弱の電気を流し、毛根部に電気でダメージを与えることによって、毛の再生を止めてしまうものです。この方法は、時間が長くかかる、強い痛みを伴う、肌のトラブルも起きやすい、料金が高めであるというような理由から、現在のエステサロンでの施術は少なくなっているようです。そして、レーザー脱毛と光脱毛があります。これらは、毛母細胞に光を使い熱でダメージを与え脱毛していく方法です。この2つは、方法は同じなのですが光の強さが違い、レーザー脱毛は医療行為となるためエステサロンでは光の強さが弱い光脱毛しか行えません。医療行為であるレーザー脱毛は、安心感はありますが保険が適用しないため、料金が比較的高くなります。また、専用のワックスを皮膚に直接塗布して剥がすことで、ムダ毛を毛根から抜き取るワックス脱毛という方法もあります。これは広範囲のムダ毛を1度に処理することが出来ます。この方法は、エステサロンで行われる場合もありますが、自己処理として行われることも多くあるようです。手軽に行える方法ではありますが、使い方を間違えると肌のトラブルにつながるような原因になってしまう場合があるので、初めて行おうと思う場合には、専門のエステサロンで受けてみるのが良いようです。価格や効果といったそれぞれの特徴を把握し、自分に合った脱毛方法を見つけたいものです。

<脱毛と除毛の処理間隔について>
春の日差しと共に暖かい日々が訪れる時期になり衣替えのする時期にもなります。衣替えをするに伴って気になります所は肌の露出部分が多くなり人目に付く所のエチケットとしてムダ毛処理となります。このムダ毛処理を行った体験談をお話し致します。すぐに思いつきで行ったのは剃刀と除毛クリームを使った除毛方法です。剃刀は剃り後の感覚は良いのですが処理後は肌荒れ対策や再処理間隔を考慮しますと回数がもっとも多く感じられる他、毛の断面が尖っている為に伸び始めの頃は洋服などに引っかかる感覚もあり良く無い感じになります。除毛クリームは毛を溶かす為の溶剤を用いているので毛の断面が尖っていない為に伸び始め頃の引っかかる感覚は無いのでよいです。再処理間隔は剃刀と同様に同じサイクルで行うようになりネックな部分と思えます。再処理間隔と処理後のケアを少しでも少なくする為に次に行ったのが家庭でも出来る電動毛抜き機とフラッシュ形式の脱毛機です。電動毛抜き機は回転するローターに毛を巻き込み引き抜いていく仕組みになっており毛の生えている方向に沿って抜いていきます。毛の生えている方向の反対方向で抜きますとかなりの確率で痛みが増します。使用時もお風呂などで毛穴を開いた状態に石鹸もしくは肌を保護するジェルなど塗るのをおすすめ致します。塗る状態と塗らない状態では後者の方が痛く感じる他に処理後も赤くなる確率も多くなります。処理間隔は剃刀や除毛クリームより数日遅れて行えば良い状態なりますが、毛が生えてこなくなる事は無く定期的なお手入れが必要です。フラッシュ方式の脱毛機は照射前に照射する予定場所を前日に剃刀で剃ってから、照射当日に照射予定場所を良く冷やした後に肌を保護するジェルを塗って行います。痛みは個人差が有るようですが私的にはあまり痛く無く処理も出来た状態です。1度の照射ではあまり抜けた感覚が見られないは休眠している毛などがある為です。数回こなすとほとんどの毛を処理出来る他に処理間隔はもっとも長く良い感じです。今回行った4つの方法で脱毛と除毛を行いましたが皆様の好みと合う方法で行われた方が良いと思われます。



Copyright(c) 様々な脱毛の種類について. All right reserved.