様々な脱毛の種類について

様々な脱毛の種類について

近年では、性別を問わず脱毛を望む人々が増えてきています。日々、自分自身で処理するという方法もありますが、その日々のわずらわしさから解放されたいと願っている人は多いはずです。現在ではそういった場合に、医療機関、エステサロンにおいて安全な脱毛を行うことが出来ます。では、医療機関やエステサロンで行われている脱毛には、どういったものがあるのでしょう。まず、ニードル脱毛、電気脱毛という方法があります。これは、医療機関、エステサロンの両方で行われます。昔からある方法で、毛穴のひとつひとつに差し込んだ細い針に微弱の電気を流し、毛根部に電気でダメージを与えることによって、毛の再生を止めてしまうものです。この方法は、時間が長くかかる、強い痛みを伴う、肌のトラブルも起きやすい、料金が高めであるというような理由から、現在のエステサロンでの施術は少なくなっているようです。そして、レーザー脱毛と光脱毛があります。これらは、毛母細胞に光を使い熱でダメージを与え脱毛していく方法です。この2つは、方法は同じなのですが光の強さが違い、レーザー脱毛は医療行為となるため脱毛サロンでは光の強さが弱い光脱毛しか行えません。医療行為であるレーザー脱毛は、安心感はありますが保険が適用しないため、料金が比較的高くなります。また、専用のワックスを皮膚に直接塗布して剥がすことで、ムダ毛を毛根から抜き取るワックス脱毛という方法もあります。これは広範囲のムダ毛を1度に処理することが出来ます。この方法は、エステサロンで行われる場合もありますが、自己処理として行われることも多くあるようです。手軽に行える方法ではありますが、使い方を間違えると肌のトラブルにつながるような原因になってしまう場合があるので、初めて行おうと思う場合には、脱毛サロンで受けてみるのが良いようです。価格や効果といったそれぞれの特徴を把握し、自分に合った脱毛方法を見つけたいものです。

春の日差しと共に暖かい日々が訪れる時期になり衣替えのする時期にもなります。衣替えをするに伴って気になります所は肌の露出部分が多くなり人目に付く所のエチケットとしてムダ毛処理となります。このムダ毛処理を行った体験談をお話し致します。すぐに思いつきで行ったのは剃刀と除毛クリームを使った除毛方法です。剃刀は剃り後の感覚は良いのですが処理後は肌荒れ対策や再処理間隔を考慮しますと回数がもっとも多く感じられる他、毛の断面が尖っている為に伸び始めの頃は洋服などに引っかかる感覚もあり良く無い感じになります。除毛クリームは毛を溶かす為の溶剤を用いているので毛の断面が尖っていない為に伸び始め頃の引っかかる感覚は無いのでよいです。再処理間隔は剃刀と同様に同じサイクルで行うようになりネックな部分と思えます。再処理間隔と処理後のケアを少しでも少なくする為に次に行ったのが家庭でも出来る電動毛抜き機とフラッシュ形式の脱毛機です。電動毛抜き機は回転するローターに毛を巻き込み引き抜いていく仕組みになっており毛の生えている方向に沿って抜いていきます。毛の生えている方向の反対方向で抜きますとかなりの確率で痛みが増します。使用時もお風呂などで毛穴を開いた状態に石鹸もしくは肌を保護するジェルなど塗るのをおすすめ致します。塗る状態と塗らない状態では後者の方が痛く感じる他に処理後も赤くなる確率も多くなります。処理間隔は剃刀や除毛クリームより数日遅れて行えば良い状態なりますが、毛が生えてこなくなる事は無く定期的なお手入れが必要です。フラッシュ方式の脱毛機は照射前に照射する予定場所を前日に剃刀で剃ってから、照射当日に照射予定場所を良く冷やした後に肌を保護するジェルを塗って行います。痛みは個人差が有るようですが私的にはあまり痛く無く処理も出来た状態です。1度の照射ではあまり抜けた感覚が見られないは休眠している毛などがある為です。数回こなすとほとんどの毛を処理出来る他に処理間隔はもっとも長く良い感じです。今回行った4つの方法で脱毛と除毛を行いましたが皆様の好みと合う方法で行われた方が良いと思われます。

ワキだけ、ひざ下とひじ下だけ、と、部分脱毛をする人も多いですよね。全身脱毛に比べると料金も安いですし、気軽に始めやすいのが魅力です。でも、全身脱毛をしたい人が、まずは部分脱毛から始めるというのは本当に正解なのでしょうか?全身脱毛と言っても、人によって脱毛したい部位の数には差があると思います。たとえば胸、おなか、背中などは気にならない、という人であれば、腕全体と脚全体、ワキ、Vライン程度で良いのでしょう。一方、毛深いのが悩みで出来る限りすべてのムダ毛をなくしたい、という人であれば、アンダーヘアと眉毛以外は全部脱毛したい!という場合も多いと思います。全身脱毛をするのであれば、単品でちょこちょこ脱毛していくと、その都度の支払額は数万円で済んでいても、結局は全身脱毛よりも大きな金額を支払うことになります。また、後になって全身脱毛を契約するにしても、それならはじめから全身脱毛にしておいた方が安上がりだった、ということになりますよね。部分脱毛をするにしても、ゆくゆくは全身脱毛をするつもりということであれば、「お試しプラン」のような、格安で数回試せる程度のものにしておいた方が良いでしょう。初回限定のプランであれば数千円で数回の脱毛が試せるところもありますし、それで結果に満足したら部分脱毛の本コースを契約するのではなく、全身脱毛、もしくは脱毛したい部位をまとめたセットブランにしてしまった方がお得になりますよ。全身のムダ毛を脱毛したいと少しでも頭に浮かんだのなら、まずは全身脱毛にしてしまった方が良いと言えます。ですが、これは予算的なことで言えることですので、予算ではなく、信頼が必要だと感じる方は部分脱毛からでいいのかもしれません。と言っても、サロンに言っての最善な方法を提示してもらえるので、そこで考えればいいのです。その方の毛の量でも回数は変わってきますし、最終的にツルツルでいたいのか、少しは自己処理をしてもいいのかで予算は変わってきます。

永久脱毛ってどんなものかわからない方が多いです。 よく言われるが「永久脱毛すると腋臭になる」って言う事です。 それが怖くて永久脱毛が出来ないでいる方も少なくないです。 やっぱり医療脱毛が一番安心ですが、医療機関だと結構高いです。 また、最近は安くて口コミなどの情報で人気のエステが増えてきています。 そういったお店に不安を感じる方もいますが、ちゃんとやってくれるので安心して通う事ができます。 お店で脱毛する場合、何度通うことになりますので、脱毛も始めようと考えている方は最終的にかかる料金を把握することが重要です。後になって料金が払えなくて中途半端に終わるのを避けるためです。また、会社勤めの方は会社の帰りごろの時間に予約して行く方法があります。遅い時間までやっているところもあるので計画的に無理なく予約をすることをお勧めします。 永久脱毛は毛の根元から抜くので、肌にダメージが残ります。なので、永久脱毛をした後のケアが大切です。見た目ではダメージを受けているようには見えないので気を抜くと肌を傷めるので気を付けるようにします。 何回も通うのが難しい方はお店に通って脱毛するのは辞めた方がいいです。 自分で脱毛器で処理する方法もメリット、デメリットがあります。 たとえば、費用ですが、お店での永久脱毛に比べて費用が安く済みます。 今だといろんな脱毛機が売ってたりしますがそれだと毎日ではないですが何日かに一回は必ず脱毛しないといけないです。 頻繁に脱毛するのは結構手間がかかるし、時間がない時に脱毛できない事があります。 プール行くときも入念に脱毛機で脱毛しないといけません。 どちらもメリット、デメリットがあるので自分の生活に合った脱毛方法を探すために色々試してみる方法もあります。 ですがやはり、永久脱毛をする際には十分に検討することをお勧めします。自分の体のことなので安いけど評判が悪い店やあまり知らない店で施術してもらって体に問題が起きたり最初にプランを組んだけど、サービスが悪かったりすると後で後悔することになるのでお店選びは慎重に検討します。

近年無駄毛を処理する脱毛には色々な器具や薬剤が沢山販売されているのです。カミソリで無駄毛の処理をすると無駄毛がなくなるだけではなく、肌にストレスを与えてしまい時には肌を傷つけてしまい血が出てしまうこともあるのですが、かといって手動や電動限らず毛を抜くと黒ずみが残ったり、赤くなりかゆみが出てしまったりと悩みが尽きない処理ともいえるのです。大人の女性になるとキレイになろうとする気持ちは加速し脱毛処理や肌の手入れ、お化粧など年齢を増すごとに一生懸命になりますが、無駄毛処理というのはとても煩わしい反面生活の一部になっているのではないでしょうか。生活の一部になっているとしても家事や育児、仕事など忙しい時には油断しがちで、この間処理したばかりなのにまた生えてきてうんざりと思ったことがあるのではないでしょうか。脱毛器具や肌の手入れに使うクリームなど沢山の種類がある中から選ぶのは簡単ではなく、値段や人気などにとらわれず自分の身体ににあった商品を見つけることが重要なのです。しかし沢山ある中から自分の身体にあったものがどれなのか目で見てもわからず、お金もかかってしまうためあれもこれもというわけにはいかないのが現実なのです。試供品があれば良いのですが、新商品の紹介などで出ている商品以外はなかなか見つけることもできず100%納得してはいない人が多いのです。脱毛を専門としているエステなどに行けばその道のプロがその人にあったより良い商品で行ってくれるのですが、エステに通うためのお金はもちろん時間に余裕がなければ通い始めたのは良いが途中で辞めてしまうことになるのです。しかし専門のお店でプロのスタッフに脱毛処理してもらえば自分で処理するのとは違い、施術前と施術後では大きな違いがはっきりわかるのです。ですから自分で処理するのではなくお金を払いプロにお願いしようと考えた時には、勢いではなく綿密に計画を立てることが必要なのです。

日本では女性のムダ毛の処理をするのは常識と言っても良いくらいですが、最近では男性もムダ毛の処理をする動きが目立つようになってきています。日本ではなく他の国ではムダ毛の処理についての意識は、どのように認識され脱毛処理されているのでしょうか。先進国であるアメリカでは、脱毛先進国と呼ばれるほど国民の脱毛への意識が高いようで、男女問わずに盛んに行われています。私もテレビでアメリカから日本にやってきた人が、日本に馴染んできて日本の友達が出来ると、必ずと言って良いほど日本人はアンダーヘアーを全部処理しているのか等など聞かれるから、答えるけど何でと思うと言っている場面を見たことがあります。日本ではアンダーヘアーの処理や男性のムダ毛処理がようやく最近になって定着しつつありますが、アメリカでは当然のように行われていて、処理をしないのは不潔だと言う考え方や認識があるので、私がテレビで見たものとは逆に、なぜ日本人は処理をしないのかと聞かれるほどです。ヨーロッパに目を向けると国によって様々ありますが、日本やアメリカほど脱毛についての意識がそれほど高くありません。個人による美意識によるところが大きく影響しているようで、きちんとキレイに処理している人もいれば、女性でも一切処理しないでそのままの人もいます。フランスではノースリーブの服から出た腕やワキに、処理されていない毛が見える光景も珍しくありません。アジアに戻り中国では、ムダ毛の処理をするという習慣がありません。ムダ毛とそういった概念がないのかもしれません。ここ最近になって都市部の方で処理する人も増えてきていますが、まだ一部の人たちの間だけです。また中東やイスラム圏の人たちは、ムダ毛があることが不衛生とされていて、男女ともアンダーヘアーまで処理します。爪や髭を整えるのと同じように、VIOやワキの毛を処理するようにコーランと言う聖書に類似した書物に書かれるほど重要の事なのです。国が変われば事情も変わると言うように思います。

脱毛サロンというと、私の感覚からすると社会人になってから経済的に多少余裕が出来た人々が通うものという印象です。しかしその概念は古いということを最近知りました。確かに女子小学生は高学年辺りからムダ毛に対して気付いたら友達よりムダ毛が多いなどと日頃の会話の中で話題になることもしばしばありました。特に体育の授業でプールに入る夏の時期には、お母さんにカミソリで剃って貰ったという友達もちらほらとおり、同じ様なムダ毛の多さのクラスメートでも自分自身のムダ毛を気にする人と、気にしない人に分かれていたことは確かです。時は流れ、欧米文化が日本の常識のあちらこちらに定着し始めると、幼稚園児や保育園児は児童用のマニキュアやメイクアップ用品を使いたいとねだり、美しさやへの欲求を満たすようになりました。簡潔に表現すると子供に美意識は不要であり禁物であるという常識が、時の流れと共に変化したのです。ムダ毛の処理に関しても同じような変化が見られますが、子供が自ら意識するというより女の子の子供を持つ母親が子供が毛深いと可哀相だと心配していることもあります。母親の立場としては自らが経験してきた悩みを少しでも軽減してやりたいという一種の思いやりなのでしょう。そのムダ毛の処理は今やキッズ専門のコースがある脱毛サロンもあり、数十年前とは異なる美しさに対する意識が子供を含む女性のニーズになっていることも良く分かります。昔人間の私の考えや経験からすると、小学生高学年辺りに意識し始めるムダ毛は成人する頃までには信じられない程にまで薄くなる場合もあり、まだ刺激に弱い柔らかな肌に脱毛施術は良くないのではないかと心配しますが、キッズ専門のコースはそれらの心配を払拭するだけの技術と肌をいたわる配慮がなされているとの事です。まだ子供なんだから気にしなくていい等の言葉は慰めにはならず、子供の様子を良く観察して、ムダ毛が子供本人にとって大きな悩みとなっている場合はキッズ脱毛を考えるのも良い選択だと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ